さぬきうどん研究会の概要

1. 会の発足: 昭和59年(1984年)1月28日 

2. 会の目的 :さぬきうどんの伝統を継承し発展をはかるために文化的、技術的活動を行う。 

3. 会員数 : 個人会員 85名、賛助団体 25団体

4. 役 員 
     名誉会長                              真部 正敏(香川大学農学部名誉教授)
     会 長(編集委員長)          諏訪 輝生(元さぬきうどん振興協議会)
     副会長                                  田村 啓敏(香川大学農学部)
     副会長(普及活動部長)   香川 政明(本場さぬきうどん協同組合) 
     副会長(研究調査部長)   多田 伸司(元香川県農業試験場) 
     副会長(総務部長)           山田 孝士(元香川県物産協会)
       ほか世話人16名 
5. これまでの事業活動の実績 
(1)さぬきうどんの食文化の研究活動 
      さぬきうどんの歴史や由来をはじめ、小麦、塩、出し汁などの食材、また県民のうどんに対する意
    識などを調査研究している。また、専門家を招聘して講演会・シンポジウムなども開催(年2~3
    回)している。
(2) 手打ちうどんやうどん文化の普及活動 
       讃岐の伝統的な手打ちうどんの普及と継承を図るため、学校をはじめ種々の団体を対象に、単独
    又は共催で手打ちうどん教室を実施している。(夏休み親子うどん教室、小学校うどん教室など)
      また、県や各種団体などの要請に応じ「讃岐うどんの食文化」についての講話や講演などを行って
    いる。

(3)香川県など主催の事業に協力 
      香川県等主催の『さぬきうどん技能グランプリ』では、作品の審査とともに当会会長賞を授与して
    いる。  
     また『第12回国民文化祭・かがわ‘97』『第24回全国豊かな海づくり大会2004高松』『世
    麺フ ェスタ2008inさぬき』『全国年明けうどん大会inさぬき』などの開催に協力してきた。
      (うどん関係資料の展示、石臼粉挽き体験、手打ちうどん教室開催など)
     さらに、平成27年8月1日リニューアルした栗林公園商工奨励館の「讃岐うどんの歴史と発展」
   の資料展示作成にも協力した。
(4) 国際交流活動
      中国陝西省や西安市の麺食文化の専門家と「日中麺食文化交流」を行っている。(これまで6回)
   また、香川大学農学部在籍留学生対象に「留学生うどん教室」を毎年開催するなど国際交流に努め
   ている。
(5)会報『讃岐うどん』の発行
      讃岐うどん関連の史実や民俗についての文献的資料や、本会での講演会や研究活動の内容を後世に
   書き残し、関係者に活用して頂くために、会報『讃岐うどん』を年1回発行(創刊号~第35号)
   している。

(6) さぬきうどんに関する図書などの発刊 
     さぬきうどんの食文化に関する図書を発刊している。
      「讃岐うどん入門」28頁(1992年)
      「讃岐うどん物語」352頁(1994年)
      「新讃岐うどん入門」40頁(1999年)
      「創作打ち込みうどん」15頁(2008年)
      「さぬきうどん物語」111頁(2013年)
      「Invitation to SANUKIUDON」(1986年)
        会報「讃岐うどん」(創刊号~第35号)(1984~2018年)(毎年発刊)

(本会の所在地及び連絡先)
    所在地=761-0795 香川県木田郡三木町池戸2293 香川大学農学部内 
    連絡先       sanukiudonkenkyu@gmail.com

賛助会員(掲載順不同)

マエカワティスト株式会社
日清製粉株式会社
本場さぬきうどん協同組合
香川県製粉製麺協同組合
日本製粉株式会社大阪支社
株式会社メディアミックス研究所
株式会社美巧社
株式会社藤井製麺
さぬき麺業株式会社
株式会社オカピデザイン
香川県農業協同組合
吉原食糧株式会社
讃岐塩販売株式会社
木下製粉株式会社
有限会社福井工作所
鎌田醤油株式会社 
日讃製粉株式会社
株式会社こんぴら堂
株式会社中野屋中野うどん学校
さぬき麺機株式会社
株式会社紀州屋
株式会社ホーコク製粉
株式会社めりけんや
有限会社おか泉
株式会社橋井商店